ホーム

名義変更に関するトラブル

オークションで中古車買取を行うと様々なトラブルに遭ってしまう可能性があるとされていますが、中でも注意しなければならないのが名義変更手続きに関することです。一般的にオークションを利用して中古車買取をしてもらいたいと思っているのであれば、特に名義変更について注意しておかなければなりません。

どのようなトラブルがあるのかというと、落札者に名義変更手続きをしてもらえず、売った車に乗って事故などを起こされてしまったというものです。事故だけでなく、車に関する違反をしてしまった場合に、罰金などの請求は名義人として登録されている人のところにいくことになります。 しかも、それをすぐに落札者が対応してくれればいいのですが、中には電話やメールをしても音信不通、手紙を送ってもあて先不明で戻ってきてしまうことがあるのです。これは非常に大変なことです。また、仮に死亡事故などを起こされてしまった場合には、莫大な慰謝料などの請求などが車の所有者のほうに来てしまう可能性も考えられます。


PR:お得な車買取情報をご存じですか?⇒⇒⇒オトクな中古車買取なら

そのため、オークションを通して車を売りたいと思っているのであれば、評価が低い人には売らないなどの対策を取らなければなりません。

できる事ならば、名義変更を確認したうえで車を渡したほうがいいのですが、これはなかなか難しいでしょう。 そのため、名義変更が完了するまでの間は、預り金を受け取っておくというシステムを取り入れている人も多いようです。

相手が本当に信頼できる人なのかどうかよく見極めることが重要です。